献血で料金(費用)を節約!健康診断 献血で料金(費用)を節約!健康診断 運営スタッフ紹介 献血で料金(費用)を節約!健康診断 サイトマップ


   献血で料金(費用)を節約!健康診断 > 献血の血液検査で健康管理

献血の血液検査で健康管理


献血後にもらえる血液検査結果を参考に、血液検査項目の標準値や、説明を表にしてみました。


自分に届いた血液検査結果とこのページを見比べてみて、生活習慣病の予防に役立てるなど、日々の健康管理に活用してください。




項目 標準値 備考 説明
ALT
(GPT)
5〜45 IU/L 急性肝炎
慢性肝炎
脂肪肝
(肥満)
肝臓に最も多く含まれる酵素です。

肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すので、急性肝炎で最も強く上昇し、慢性肝炎や脂肪肝(肥満)などでも上昇します。

激しい運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。
AST
(GOT)
11〜37 IU/L 心筋梗塞
急性肝炎
アルコール性肝障害
心筋や肝臓に多く含まれ、骨格筋、肝臓、血球にも認められる酵素です。

心筋梗塞や急性肝炎、アルコール性肝障害などで上昇します。その他運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。
γ-GTP 10〜65 IU/L 閉塞性黄疸
肝炎
アルコール性肝障害
肝、胆道、膵、腎などに多く含まれる酵素です。

上昇する疾患は、閉塞性黄疸、肝炎、アルコール性肝障害などです。

病気がなくても、長期飲酒者では上昇することが多く、1ケ月位禁酒するとある程度正常化します。
総淡白
(TP)
6.5〜8.2 g/dL 生命維持 血清中には80種類以上の蛋白が含まれ、種々の機能を持ち、生命維持に大きな役割を果たします。

その総量を総蛋白として測定しています。
アルブミン
(ALB)
3.9〜5.0 g/dL 病気で変化 血清蛋白の50%以上を占めるアルブミンは、病気などで栄養が悪くなると減少するため、健康診断のスクリーニングとして大きな意味があります。
アルブミン対
グロブリン比
(A/G比)
1.2〜2.0 病気で変化 血清蛋白はアルブミン(A)とグロブリン(G)に分けられ、その比率は健康な人では一定の範囲にありますが、病気によってはその比率が変化(主として減少)していきます。
コレステロール
(CHOL)
110〜250 mg/dL 肥満
動脈硬化
血清脂質の一つで、一般に脂肪の多い食事を続けていると上昇します。

また肝臓などで作られ、肝、胆道、腎、甲状腺の病気でその値が上下することがあります。

血清コレステロールが多くなると、動脈硬化を起こしやすいとされています。
赤血球数
(RBC)
男:425〜570
女:375〜500
貧血の有無 赤血球は、血液の主な細胞成分で、酵素を肺から各組織へ運ぶ働きを持っています。
ヘモグロビン量
(Hb)
男:13.3〜17.4 g dL
女:11.2〜14.9g dL
貧血の有無 血液の赤い色は、赤血球に含まれるヘモグロビン(血色素)によるもので、赤血球の働きの中心となっています。
ヘマトクリット
(Ht)
(赤血球容積率)
男:39.0〜50.4%
女:34.0〜44.0%
貧血の有無 ヘマトクリット値は、一定の血液量に対する赤血球の割合(容積)をパーセントで表したものです。
平均赤血球容積
(MCV)
80.0〜100.0 fL 貧血の種類 赤血球1個の平均的容積、すなわち赤血球の大きさの指標となるもので、赤血球数とヘマトクリット値から算出したものです。
平均赤血球
ヘモグロビン量
(MCH)
26.0〜34.0 p/g 貧血の種類 赤血球1個に含まれるヘモグロビン量を平均的に表したもので、赤血球数とヘモグロビン量から算出したものです。
平均赤血球
ヘモグロビン濃度
(MCHC)
32.0〜36.0 % 貧血の種類 赤血球の一定容積に対するヘモグロビン量の比をパーセントで表したもので、ヘモグロビン量とヘマトクリット値から算出したものです。
白血球数
(WBC)
35〜100 細菌感染症 白血球は細菌などを貪食し、免疫情報を伝達しさらに免疫能を発現して生体防御にかかわっています。

細菌感染症があると、一般に白血球数は増加しますが、ウイルス感染症の場合はかえって減少することもあります。
血小板数
(PLT)
14.0〜38.0 出血し易さ 血小板は出血を止めるための重要な働きを持ち、この値が極端に減少する出血を起こしやすくなります。
グリコアルブミン 糖尿病検査 2009年3月以降から、献血をすると糖尿病検査が無料で受けられます。

過去約2週間の平均血糖値を反映していると言われ、血糖値が高い状態だったかを知ることができます。
B・C型肝炎検査 受付時に結果通知を希望した方には、異常を認めた場合にのみ、献血後1ヶ月以内に親展(書簡の郵便)にて通知されるようになっています。
梅毒検査
HTLV−I抗体検査

献血後にもらえる血液検査結果でも書いたように、上に書いた標準値は、献血を希望された方々の検査結果から算定したもので、正常、または、異常を表すものではありません。




…ただ、私が会社で受けた通常の健康診断結果と見比べてみたところ、献血の血液検査の標準値と、健康診断の血液検査の標準値は、かなり近い数字となっています。




また、私が受けた健康診断では、この標準値から外れると、

「○○の項目で、異常所見を認めます。一度、医療機関を受診されて、どの程度の異常なのか、精密な検査を受けて、医師の指示を受けてください」

というコメントが表示されていましたが、



献血で分かる血液検査結果のハガキの方でも、

#表示のある方は、標準値からはずれていますので、医療機関での受診をお勧めします

と書いてあり、こちらも同じく医療機関での受診を勧めていますので、標準値については、かなり自分の健康状態を知るための参考になると思います。




ちなみに、「肥満は、生活習慣病になるリスクを高める」と言われていますので、ALTやコレステロールといった肥満を表す数値が標準値から大きく外れている場合には、「ただ、太っているだけでしょ?」と甘く考えない方が良いと思います。



私が受けた会社の健康診断では、肥満に関する項目が標準値から大きく外れていただけで、総合判定が「F」になっていて、医療機関での精密検査を勧められましたからね。


この話からも分かるように、肥満は、健康を計るバロメーターとして、かなり重要なのだと思います。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント
【現金:2,600円】SBI証券の口座開設+2万円入金するだけ!


【現金:3,000円】SMBC日興証券の口座開設+1万円入金だけ!
【現金:2,000円】ライブスター証券の口座開設+3万円入金するだけ!
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!


【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:10,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






あとで読む


献血の活用術




お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

 Copyright(C) 2013 献血で料金(費用)を節約!健康診断 All rights reserved